アオイ記録(心の声)

こころの声だよ

【スポンサーリンク】

②マインドコントロール前篇

【スポンサーリンク】

Dさんにマインドコントロールされていました。

 

2年以上、わたしはDさんしか見えなかった。妻子がいるので何度も離れようとしたけど、引き止められて、離婚までさせてしまった。

彼のこと友だちに話すと、最低なクズ人間、婚約断って正解。とみんなに言われるが、

そんなことないんだよ。

わたしのこと愛しすぎたサイコパス既婚者だったっていうだけのことなの。

 

今日は、サイコパス既婚者のDさんがどのようにわたしをマインドコントロールしていったかを綴りたいと思います。

 

①全力で愛してくれた

出会いの記事で綴ったように、とにかく愛してくれました。週に4回デートしました。愛しているとたくさん伝えてくれました。

「あおのこと本気で愛している。人生の中で誰よりも好きなんだ。嫁のことなんて愛してると思ったことがない。」

「あおと結婚したい」

「おれの子と、あおと一緒に暮らせたら幸せだろうな」

「親権取れたらそだててね?」

 

彼の言葉や行動で、この人はわたしのことを心底愛していて、本気で離婚して再婚しようと思っていてくれているんだ。信じて一緒にいるのがいい。と思い込んで、わたしも彼を愛し、依存していました。

 

②家族よりも優先

平日も休日も会います。休日は、子どもとわたしで迷って、わたしを選んでくれる日もたくさんありました。彼は子どもを溺愛しているので、かわいい子どもよりもわたしと一緒にいてくれることを選んでくれると、幸せだなって感じました。

 

③両親・友人・子どもに会わす

彼は自分の両親や友人にとにかく会わせました。どんな会にも連れて行きました。同窓会、誕生会、結婚式、飲み会、テニス。子どもにも会いました。

彼女を愛していて嫁とは別れるんだ、この子と結婚するんだ。

とみんなに紹介します。

それに、彼の親も友人も、彼の奥さまのこと悪く言うんです。

「Dくんの奥さんまじやばいよね。はやく離婚したほうがいいよ。」

「Dくんがこんなに彼女紹介して大好きって言うの初めてだよね」

「こんな幸せそうなDくん見たことない」

「あおちゃんが幸せにしてあげて」

親とか、友人(20人は会ったかな)から、奥さまの評判、彼の私に対する愛、昔の話(奥さんのことや、今までの彼の話)を聞かされて、

幸せじゃない結婚をした彼はかわいそう。わたしが幸せにしてあげよう。彼にはわたししかいないんだ。と思いました。

 

④嫁に、あおを愛していると伝える

ついにこの時が来ました。奥様は正直とっくにわたしたちの関係に気づいておりました。わたしたちも開き直っておりました。だって、許容してくれてたから。奥様は、

「離婚はしない。慰謝料ふたりから2000万ならいいよ。でも離婚すると働かなきゃいけなくなるし考えてはいない。」

と言いました。

彼が直接奥様に言うに至る経緯は、私が別れを告げてほかに彼氏を作ったからです。

付き合ってから1年が経った頃でした。

彼は、奥さんには彼女とラブラブなことを許容されており、大好きな子どもと暮らしており、大好きなわたしとも付き合っている。

一人勝ちじゃないですか。

ちょっと耐えられなくなりました。なので、「離婚しないなら別れます。」といって別れました。彼は、「子どもと離れたくないから分かった。今まで苦しめてごめんね。」と言いました。しかし、

わたしはすでに準備をしていました。すぐに別の彼氏を作ったのです。

彼は、「いやだ。あおを失いたくない。」とすがりました。

男は、自分のことを愛していた女はずっと自分のこと好きだと勘違いしているところがあります。

「無理。妻子いるのに虫が良すぎるよ。」と断りました。

1.2ヶ月ぐらい続いたかなあ、どうしても諦められないって言われて、

「離婚したいって言ってくれるならいいよ。」と言ったの

そしたら、

「そんなんでいいの?!」

と言って、

「離婚したい。」と伝えたというわけです。そこから本格的に離婚話が始まりました。